予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

「iPhone」で新型コロナウィルス接触確認アプリ「COCOA」を利用する方法


日本政府(厚生労働省)は、本日から新型コロナウィルス接触確認アプリ「COCOA」を公開しました。これにより「COVID-19接触のログ記録」を国内でも利用できるようになりました。

Twitterでスマートフォンの最新情報をお届けします。
 ↓ ↓ ↓

今回公開されたアプリ「COCOA」は、新型コロナウィルスに感染した方に接触した場合に、アプリから通知を受けられるというもの。

iPhoneでは「iOS 13.5」以降で利用可能となっています。

新型コロナウィルス接触確認アプリ「COCOA」の利用方法

新型コロナウィルス接触確認アプリ「COCOA」の機能紹介です。利用する場合は、内容を把握してからインストールしてください。

この機能を有効にすると、iPhoneはBluetoothを使用してランダム識別子をほかのデバイスと交換できるようになります。
デバイスが収集したランダム識別子は、接触ログに14日間保持されます。
この接触ログにより、あなたが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にさらされた可能性がある場合に承認済みのAppから通知を受けることができます。
あなたが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断された場合、デバイスのランダム識別子を承認済みのAppと共有することを選択すると、ほかの人に匿名で通知することができます。

⇨接触確認アプリ「COCOA」のインストールはこちら

接触確認アプリ「COCOA」の利用方法

インストールが終了したら、接触確認アプリ「COCOA」を開いてください。

(画像出典 : App Store )

初回利用時には、使い方の説明や注意事項などが表示されます。

まず、「COCOA」はBluetooth機能を用いて接触確認を行うので、Bluetoothを必ず有効にしてください。
(画像出典 : App Store )

また、感染者に接触した場合は早めの検査が必要となりますので、プッシュ通知もONにしておいた方が良いでしょう。

(画像出典 : App Store )

「COCOA」のメニュー画面です。同アプリでは以下の機能が利用できます。

①過去14日間、陽性者と接触があったかどうか確認できます。
②自分が陽性と診断された場合、陽性者登録を行います。匿名で登録できるので、プライバシーが侵害される心配はありません。
③SNSを使って「COCOA」を広めることができます。
(画像出典 : App Store )

続いてiPhone側の設定を行います。まず、iPhoneの「設定」を開き、「プライバシー」をタップします。
(画像出典 : App Store )

「ヘルスケア」をタップします。
(画像出典 : App Store )

「COVID-19接触のログ記録」をタップ。
(画像出典 : App Store )

「接触のログ記録」をオンにすれば完了です。
(画像出典 : App Store )

以降、本アプリで「陽性者との接触を確認する(14日間)」をタップすると、過去14日間の陽性者との接触の有無が表示されます。


(画像出典 : App Store )

なお、このアプリは利用者が多ければ多いほど、新型コロナウィルス対策として有効となります。ぜひ、利用方法の拡散にご協力をお願いします。

この記事がお役に立ちましたら、ぜひツイートをお願いします<(_ _)>
 ↓ ↓ ↓

(Source : App Store )

(te7373)

2020年6月20日
Return Top