予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

iPhone 公式オンライン予約サイト
新型 iPhone 予約受付中!

▶︎ドコモオンラインショップ

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎au Online Shop

iPhone12を新規・MNP契約するならソフトバンクがオススメ。気になる機種代金や料金プランは?


いよいよ予約が開始されたiPhone12/12 Proですが、ソフトバンクオンラインショップで予約した方には続々と入荷連絡が届いている模様です。

【iPhone12シリーズの入荷状況はこちら】
↓  ↓   ↓
予約ゲットコム

そこで、この記事ではiPhone12をソフトバンクで新規・MNP契約するメリットについて紹介します。

ソフトバンクならiPhone12がお得に購入可能

iPhoneシリーズは高価格化が続いています。「少しでもお得に購入できないか?」というのは、全iPhoneユーザー共通の悩みではないでしょうか?

そこで、国内3キャリアのiPhone12の販売価格と購入支援プログラム利用時の実質負担額を比較してみました。

まず、購入支援プログラム利用時の支払い回数ですが、ソフトバンクのみが48回払いとなっているため、毎月の支払額が最も低く抑えられている点がポイントです。

また、購入支援プログラムを利用して特典を受けた場合の実質負担額は、auとソフトバンクがほぼ同額、ドコモが最も高くなっています。(ソフトバンクは別途トクするサポート+のプログラム料390円×24回がかかります)

ただし、毎月の支払額は料金プランによって大きく変わってくるのも事実です。

そこで、各キャリアの5G向け料金プランの特長や毎月の支払額についてみていきましょう。

なお、以下の料金は次の条件で算出しています。

・2年定期契約なし
・通話オプションなし
・光回線とのセット割や家族割なし
・「当初6ヶ月間」「当初12ヶ月間」など、期限つきの割引は考慮しない

まず、利用したデータ量に応じて料金が変動する従量制プランについてです。このプランでは、ソフトバンクが最も高い料金設定となっています。

ただ、ソフトバンクのミニフィットプランは、データ量が1GBを超えると大容量プランのメリハリプランと料金が同額となります。

毎月のデータ量が1GB以下というのはあまり現実的ではないため、ソフトバンクは大容量プランに軸足を置いた料金設定になっているといっても過言ではありません。

では、各キャリアの大容量プランはどう違うのでしょうか?

まずドコモですが、データ量が100GB(キャンペーン中は無制限)となっており、ヘビーユーザーにも安心なプランとなっています。

ただし、利用データ量が少ない月でも通常通りの料金がかかるため、「月に数GBしか使わない」という人にとっては料金が無駄になってしまうケースも考えられます。

これに対してauとソフトバンクはデータ量が2GB以下の月は料金が1,500円程度割引されるため、幅広いユーザーにとってメリットのある料金プランといえるでしょう。

また、ソフトバンクのメリハリプランは、YouTubeやAmazon prime videoなどの主要な動画サービス、インスタグラムやLINE、TwitterなどのSNSがデータ量ノーカウントであるため、実質的にほぼ無制限でデータが利用できる点も大きなメリットです。

これらのコンテンツをよく利用する人にとって、ソフトバンクのメリハリプランは大変魅力のある料金プランといえるのではないでしょうか?

加えて、ソフトバンクの場合はauと異なり、テザリングやタブレットなどとのデータシェアを行った場合でもデータ量の制限を受けません。

総合的に見て、ソフトバンクのメリハリプランはもっとも使い勝手がよく、お得な料金プランといえそうです。

月額1,078円。はじめてのスマホならスマホデビュープランがお得!

ソフトバンクは、はじめてスマホを利用する方にとてもお得なスマホデビュープランを用意しています。

(画像出典 : ソフトバンク )

これは、「ガラケーからスマホへ切り替える方(機種変更とMNP)」や「はじめてスマホを持つお子様(5〜15歳)」が利用できるプランで、「5分以内の国内通」と「データ1GB」がセットで1,078円(12ヶ月間)というもの。データ量が足りない方は、プラス550円で2GBまで増やすことも可能です。

「スマホデビューしたい」「子供にスマホを持たせたい」という方にとって、大変魅力のある料金プランといえるのではないでしょうか?

SoftBank学割ならメリハリプランが当初6ヶ月間、月額4,290円で利用可能

(画像出典 : ソフトバンク )

一方、ソフトバンクは10月23日から「SoftBank学割2021」の取り扱いを開始します。

これは、5歳〜22歳のユーザーが2021年5月31日までの期間中にメリハリプランを契約、もしくは継続した場合にデータ定額料を6ヶ月間、税込で毎月2,838円(データ量2GB以下の月は1,188円)割引するもの。(新規契約・MNP転入・機種変更ともに対象)

これにより、対象ユーザーは当初6ヶ月間利用データ量に関わらず、メリハリプランを税込4,290円で利用できます。

以上、iPhone12をソフトバンクで新規・MNP契約するメリットについて紹介しました。

・ソフトバンクオンラインショップで予約する
▶︎ソフトバンクオンラインショップ
TwitterでiPhoneの最新情報をお届けします。
 ↓ ↓ ↓

(te7373)

2020年10月22日
Return Top