予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

2020年新型Xperia(Xperia 5 Plus)日本発売日はいつ?予約開始・スペックやデザイン・価格の噂まとめ

1月10日更新
2019年に「Xperia 1」「Xperia 5」を発売し、Xperiaシリーズの新たな可能性・方向性を示したソニーモバイルですが、水面下ではよりプレミアム度の高い次期Xperiaの開発が進められているようです。

なお、この記事は新しいリーク情報が入り次第、内容を更新していきます。記事更新の際にはLINEでお知らせしますので、ぜひ「友だち登録」をお願いします。

新型「Xperia」の情報をLINEで配信します。
 ↓ ↓ ↓
友だち追加

次期Xperiaはどんなモデルになる?

まず、ネーミングについてです。2019年のXperiaは突然ネームングルールを変更し、夏モデルの「Xperia 1」から冬モデル「Xperia 5」と変則的なネーミングとなりました。

このため、次期Xperiaの名称は予測できなかったのですが、著名リーカーSteve H.McFly氏が「Xperia 5 Plus」になるとリーク。併せてレンダリング画像と予想スペックも公開しました。

ただし、McFly氏も「Xperia 5 Plus」というモデル名に確証があるわけではない模様。このため、当記事では表記を「次期Xperia」としています。

続いて次期Xperiaの全体像を予想してみます。

ソニーの高木専務はブルームバーグ社のインタビューの中で次期Xperiaについて次のように語っています。

(次期Xperiaは)他のサービスに「いい付加価値」を与えることが重要。グループ内の連携も踏まえて「プレミアム、総合力を結集したスマートフォン」として開発する。

(引用 : Bloomberg )

この発言を踏まえると、次期Xperiaはプレミアム路線を継承し、よりエンターテイメント性の高いモデルになると期待されます。

また、同氏は「日本市場を最優先している」と語っていることから、国内向けの機能やサービスが強化される可能性もありそうです。

続いて海外の著名リーカーからの情報です。

Xperiaのリーク情報に詳しいZackBuck氏は次期Xperiaについて次のように語っています。

2020年のXperiaはSnapdragon865を搭載、4K HDR有機ELディスプレイに大型化されたカメラセンサーを搭載し、5Gに対応する。

(画像出典: weibo )

4K HDR有機ELディスプレイはすでに「Xperia 1」で実現していますので、最新版のSnapdragon865、大型化されたカメラセンサー、5G化というのが目新しい点でしょうか?

なお、国内では大手キャリアが2020年3月から5G通信を提供する予定なので、初夏以降に発売される次期Xperia国内版も5G対応となる可能性が高そうです。

また、ZackBuck氏は次期Xperiaついて以下のようにも言及しています。

トリプルカメラ+ToFセンサー
メインカメラのセンサーは1/7 1,200万画素
3.5mmイヤフォンジャックが復活するかもしれない

(画像出典: weibo )

ZackBuck氏によると、次期Xperiaは3レンズカメラにToFセンサーを追加した4眼仕様となるようです。

またメインカメラの画素数に変化はないものの、イメージセンサーが大型化されるため、より明るくノイズの少ないカメラとなりそうです。

一方、ちょっと以外ですが3.5mmのイヤフォンジャックが復活する可能性もあるようです。

実はソニーは以前から海外ユーザーを対象に、イヤフォンジャックの必要性についてアンケート調査を行なっています。

海外向けミッドレンジモデルでは未だにイヤフォンジャックが搭載されていること、ソニーがハイレゾの音楽配信に力を入れていることなどを考えると、次期Xperiaで復活という線も考えられなくはありません。

その他、あまり知られていないことですが、「Xperia 1」の派生モデル「Xperia 1 Professional Edition」(SIMフリーモデル・ソニーオンラインストアでのみ購入可能)では、オンラインゲーム時の安定した通信品質を確保するため、USB-C有線LAN接続が可能となっています。

(画像出典 : ソニーモバイル )

他にも同モデルではゲーム中のメッセージオフ機能やメモリの解放設定、ゲーム画面のスクリーンショット対応、ゲーム画面のシェア機能など、ゲーマー向けの機能が多数搭載されています。

次期Xperiaがより高いエンターテイメント性を求めるのであれば、ひょっとするとこれらの機能も搭載されるのかもしれません。

次期Xperiaのデザイン・リーク画像

これは、著名リーカーSteve H.McFly氏が/LEAKSに投稿した次期Xperia(「Xperia 5 Plus」?)のレンダリング画像。

メインカメラ部分ををみると、やはり3レンズ+ToFセンサーという仕様になるようです。

(画像出典 : /LEAKS )

McFly氏によると次期Xperiaのディスプレイサイズは6.6インチ。昨年の「Xperia 1」よりも0.1インチ大型化されています。

ボディサイズは168.2×71.6mm×8.1mmで、デュアルフロントスピーカーやボディサイドの指紋認証装置、3.5mmイヤフォンジャックを搭載しているとのこと。

ボディはメタルフレームを採用するようですが、全体的にみて「Xperia XZ」シリーズに似た角ばったデザインに回帰した印象を受けます。
(画像出典 : /LEAKS )

【動画】This is the SONY XPERIA 5 PLUS by @OnLeaks!

次期Xperiaの予想スペック

これまで得られている情報をもとに、次期Xperiaのスペックを予想してみました。

まず、ディスプレイについてですが、「Xperia 1」ですでに21:9 4K HDR対応有機ELディスプレイという最高峰のスペックであるため、大きなスペックアップはないものと思われます。

プロセッサについては最新のSnapdragon865が搭載されるといわれています。なお、同プロセッサは5Gモデムを統合したSoCなので、次期Xperiaが5G化(もしくは5G版が用意される)のはほぼ間違いないでしょう。

RAMについては「Xperia 1」「Xperia 5」が6GBとハイエンドモデルにしては物足りない容量でした。他社のハイエンドモデルはほとんどが8GB以上、特にGalaxy Note10+は実に12GBの大容量RAMと搭載しています。おそらく次期XperiaもRAM容量のアップを図ってくるのではないでしょうか?

その他では、やはりToFセンサーを搭載し、イメージセンサーも大型化されると噂のリアカメラに注目が集まります。ひょっとすると、ソニー独自の「ナイトモード」が追加されるかもしれません。

また、Xperiaは超スローモーション動画撮影や映画なみの動画を作成できるCinema Proを導入してきた経緯があります。このため、次期Xperiaも新しい動画撮影アプリなど、エンタメ性に富んだ機能を追加してくるかもしれません。

【参考】Xperia 1のCinema Proで撮影した動画

次期Xperiaの発売日や価格は?

次期Xperiaは2020年2月23日から開催されるMWC2020で発表されるものと思われます。

国内では各キャリアが夏モデルとして取り扱うため、6月上旬から中旬頃発売と思われます。(昨年は3キャリアともに6月14日発売開始)

気になる価格ですが、「Xperia 1」と同等ということであれば100,000円〜130,000円程度、大幅に機能強化されるのであれば少し高めの価格設定となるかもしれません。

例年になく事前のリークに乏しい次期Xperiaですが、当サイトでは新しい情報がえられ次第、情報を配信していきます。

新型「Xperia」の情報をLINEで配信します。
 ↓ ↓ ↓
友だち追加

次期Xperiaを予約・購入する
▶︎ドコモオンラインショップ
次期Xperiaを予約・購入する
▶︎au Online Shop TOP
次期Xperiaを予約・購入する
▶︎ソフトバンクオンラインショップ

(Source : weibo , Bloomberg , ソニーモバイル )

(te7373)

2020年1月20日
Return Top