予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

新型Xperia(Xperia 1 Ⅱ)日本発売日はいつ?予約開始・スペックやデザイン・価格の噂まとめ【ドコモ au ソフトバンク】

3月23日更新
ソニーモバイルは日本時間の2月24日、最新のフラッグシップモデル「Xperia 1 Ⅱ」(エクスペリア マークツー)を発表しました。

※3月18日ドコモが「Xperia 1 Ⅱ」を発表しました。事前予約は3月18日11:00から開始、発売日は2020年4月下旬以降とされています。

※3月23日auが「Xperia 1 Ⅱ」を発表しました。事前予約は3月24日10:00から開始、発売日は2020年5月下旬以降とされています。

(画像出典 : YouTube )

まずは、「Xperia マーク2」の公式プロモーションムービーをご覧ください。

Xperia 1 II – Built For Speed

「Xperia 1 Ⅱ」のデザイン

「Xperia 1 Ⅱ」のデザインは、昨年モデル「Xperia 1/5」から大きな変更がありません。

(画像出典 : ソニーモバイル )

気になった点をあげると、まずは指紋認証装置が電源ボタンに統合されたこと。

(画像出典 : YouTube )

それから、ボディ上部に3.5mmイヤフォンジャックが復活している点でしょうか?

(画像出典 : YouTube )

また、「Xperia 1 Ⅱ」は5G化され、バッテリー容量がアップしたにも関わらず、「Xperia 1」から0.3mm薄型化されているのも特長です。

「Xperia 1 Ⅱ」は、ブラック・パープル・ホワイトの3色展開。ただし、キャリアによって取り扱いカラーに違いが出てくるかもしれません。

(画像出典 : YouTube )

「Xperia 1 Ⅱ」の新機能

「Xperia 1 Ⅱ」は事前の噂通り、数々の新機能を搭載してきました。

リフレッシュレート90Hz相当で表示可能なディスプレイ

(画像出典 : ソニーモバイル )

ディスプレイは「Xperia 1」同等のスペックで4K HDR表示、アスペクト比も同じく21:9です。

「Xperia 1 Ⅱ」で進化したポイントといえば、Motion Blur reduction(モーションブラーリダクション)によって、擬似的に90Hz表示可能となった点です。

【Motion Blur reduction(モーション・ブラー・リダクション)とは?】

Blur(ブラー)とは「残像」のこと。

Motion Blur reduction(モーション・ブラー・リダクション)とは、ディスプレイのフレーム(コマ)が切り替わる際にバックライトを消灯することで、残像を抑制する仕組み。

ゲーム用モニターなどで利用されることが多い。

通常、ディスプレイのリフレッシュレートをアップすると消費電力が増加します。

これに対し、「Xperia 1 Ⅱ」は擬似的にリフレッシュレートをアップすることにより、省電力性能を保ちつつ滑らかな画面表示を可能としました。

5G化(サブ6GHz帯のみ対応)

「Xperia 1 Ⅱ」はシリーズ初となる5G対応モデルとなりました。ただし、サブ6GHz帯のみ対応で、ミリ波帯には対応していません。

ミリ波帯は、日本・韓国・アメリカなど、ごく少数の国と地域でしか導入が始まっておらず、まずは導入国が多いサブ6GHz帯のみ対応ということでしょうか?

一方、ソニーモバイルはミリ波帯にも対応した「Xperia Pro」を開発中であると発表されました。

(画像出典 : YouTube )

同モデルは開発中ということで、詳細なスペックは明らかにされていませんが、HDMI端子によって外部モニターへ出力可能となるなど、玄人好みのモデルとなるようです。

「Xperia Pro」については情報が得られ次第、別記事で紹介する予定です。

「DSEE Ultimate」および「360 Reality Audio」

「Xperia 1 Ⅱ」は音響面の性能アップにも力を入れています。3.5mmイヤフォンジャックを復活させたのも、その現れでしょう。

まず、これまでのXperiaでも搭載されてきた「DSEE HX」の進化版「DSEE Ultimate」を採用しています。

(画像出典 : YouTube )

これは、スマホ用に圧縮された音源をAIによってハイレゾ音質に向上させるもの。

ウォークマンシリーズで音質を追求してきたソニーならではの機能といえるでしょう。

一方、「360 Reality Audio」は、360度どの方向に対しても臨場感あるサラウンド音声を届ける独自技術です。

これまでの5.1chサラウンドシステムは、スピーカーの設置場所によってサラウンド感が損なわれるという欠点がありましたが、「360 Reality Audio」はどこへスピーカーを設置しても均等なサラウンド感を得られます。

「Xperia 1 Ⅱ」のカメラ

「Xperia 1 Ⅱ」は昨年モデル「Xperia 1」に比べてカメラ性能が大きく向上しています。

ToFセンサー搭載

「Xperia 1 Ⅱ」は事前の噂通りToFセンサーを追加した4眼カメラを搭載してきました。

ToFセンサーとは、光の反射時間によって被写体までの距離を測定する装置。

「Xperia 1 Ⅱ」のカメラはToFセンサーを搭載することで、どんなシーンでも高速・正確なオートフォーカスを実現しています。
(画像出典 : ソニーモバイル )

ソニー製IMX555センサー搭載

一方、リアカメラは各レンズともに画素数の変化がないものの、広角カメラにソニー製IMX555センサーを採用しています。

(画像出典 : ソニーモバイル )

IMX555は、センサーサイズが1/1.7インチと従来比1.5倍と大型化されており、「Xperia 1 Ⅱ」のカメラは夜景や暗い場所での撮影性能が大幅にアップしています。

また、これまでのXperiaは光学ズームが2倍でしたが、「Xperia 1 Ⅱ」は光学3倍ズームとなりました。

ZEISS T*レンズ搭載

「Xperia 1 Ⅱ」のカメラは高級光学機器ブランドZEISS(カールツァイス)製の T*レンズを搭載しています。

T*とは、同社が開発した特殊なレンズコーティング技術です。低光量下でも明るくコントラストの高い写真が撮影できるため、ソニーのデジタル一眼カメラ「αシリーズ」では以前から採用されていました。

(画像出典 : ソニーモバイル )

秒間20コマの高速連写可能

「Xperia 1 Ⅱ」のカメラはオートフォーカス/自動露出の演算が1秒あたり60回とプロ用一眼レフなみに高速化しています。

これにより、秒間20コマの高速連写(バースト撮影)が可能となりました。

(画像出典 : YouTube )

「Xperia 1 Ⅱ」のカメラ機能について、詳細は以下の公式動画をご覧ください。

Xperia 1 II – Capture the once impossible

「Xperia 1 Ⅱ」のゲーム機能

「Xperia 1 Ⅱ」はエンターテイメント性を高めるべく、ゲーム機能も大きく強化されました。

デュアルショック4対応

(画像出典 : ソニーモバイル )

「Xperia 1 Ⅱ」はプレイステーション用のコントローラー、デュアルショック4をワイヤレス接続可能となりました。

パフォーマンスモード搭載

ゲーム時に「パフォーマンス」「バランス」「省電力」の各モードを選択できるようになりました。

このうち「パフォーマンス」モードを選択するとディスプレイの反応速度が向上、ディスプレイのリフレッシュレートも最大化されます。

(画像出典 : ソニーモバイル )

コンペティション(競技)設定

ゲームへの集中を妨げる通知や着信、カメラ機能などをキャンセル設定できるようになりました。

また、RAMを開放することにより、ゲーム時のパフォーマンスを向上させるなど、さまざまな設定が可能となっています。
(画像出典 : ソニーモバイル )

「Xperia 1 Ⅱ」のスペック

「Xperia 1 Ⅱ」と「Xperia 1」のスペックを比較してみました。

ディスプレイ

ディスプレイは「Xperia 1」から0.1インチ大型化されましたが、解像度などに変化はありません。

ただし、「Galaxy S20」などライバルモデルがFDH+表示にとどまる中、4K HDRを実現していることから、世界最高峰のディスプレイであることは間違いありません。

プロセッサ/RAM

「Xperia 1 Ⅱ」が搭載するSnapdragon865は、前世代のSnapdragon855に比べて処理能力が25%アップ、AI性能が2倍に向上したほか、省電力性能も35%アップとされています。

「Xperia 1 Ⅱ」はRAM容量も8GBと増加していることから、かなりのパフォーマンスアップが期待できるでしょう。

実際のパフォーマンスについては、ガジェット系YouTuberや海外メディアの情報が入り次第、本記事で紹介していく予定です。

ストレージ

ワールド版「Xperia 1 Ⅱ」の内部ストレージは256GBと発表されていますが、国内版は128GBとなりました。

また、外部ストレージについてはこれまで同様、micro SDカードに対応しています。

カメラ

カメラについては「『Xperia 1 Ⅱ』のカメラ」コーナーで解説した通りです。

昨年の「Xperia 1」と比べて大幅に進化しているのは間違いありません。

バッテリー

「Xperia 1 Ⅱ」のバッテリーは4,000mAhと大容量化されたほか、ワイヤレス充電に対応しました。

(画像出典 : YouTube )

(参照 : ソニーモバイル )

「Xperia 1 Ⅱ」ハンズオン動画集

今年はYouTubeでの発表となったため、記事執筆段階では「Xperia 1 Ⅱ」のハンズオン動画が公開されていません。

今後、新しい動画が公開され次第、追加していく予定です。

「Xperia 1 Ⅱ」の価格は?

3月23日現在、ドコモとauが「Xperia 1 Ⅱ」の販売価格を発表しています。

ドコモ版「Xperia 1 Ⅱ」の価格は以下の通りです。

au版「Xperia 1 Ⅱ」の価格は以下の通りです。auは新たな残価設定型「かえトクプログラム」の対象となっています。

「かえトクプログラム」の詳細は⇨こちら

「Xperia 1 Ⅱ」の予約開始日・発売日はいつ?

例年、夏モデルとして5月中旬に発表される新型Xperiaですが、今年は早くもドコモとauが「Xperia 1 Ⅱ」を発表しています。

ソフトバンク版については発表があり次第、お知らせします。

【ドコモ版 「Xperia 1 Ⅱ」】

・事前予約受付 3月18日(水)

・発売日 4月下旬以降

【au版 「Xperia 1 Ⅱ」】

・事前予約受付 3月24日(火) 10:00〜

・発売日 5月以降

また、LINEでも情報を発信しますので、ぜひ「友だち登録」をお願いします。

「Xperia 1 Ⅱ」の日本での発売日が分かり次第、Lineで速報します。
 ↓ ↓ ↓
友だち追加

「Xperia 1 Ⅱ」キャンペーン情報

「ドコモXperia SPRINGキャンペーン」

ドコモは「Xperia 1 Ⅱ」の発売を記念してXperia SPRINGキャンペーンを実施します。

(画像出典 : ソニーモバイル )

【キャンペーン内容】

ドコモオンラインショップで「Xperia 1 Ⅱ」を購入した方、先着15,000名にMOLESKINEジャーニーハードポーチがプレゼントされます。

なお、このキャンペーンは申し込み不要で、景品がなくなり次第、終了します。

「au Xperia 1 Ⅱ 発売記念キャンペーン」

auでは「Xperia 1 Ⅱ 発売記念キャンペーン」を実施します。

【キャンペーン内容】

「Xperia 1 Ⅱ」を購入してキャンペーンサイトから応募したユーザーへ「au Pay残高」5,000円分をキャッシュバック。

・応募期間 発売日〜6月30日

・キャッシュバック次期 7月中旬以降

なお、キャンペーンサイトは4月中旬以降にau公式サイトで公開されます。

・事前予約受付中
・発売日 : 4月下旬以降
ドコモ版「Xperia 1 Ⅱ」を予約・購入する
▶︎ドコモオンラインショップ
・3月24日10:00予約受付開始
・発売日 : 5月以降
au版「Xperia 1 Ⅱ」を予約・購入する
▶︎au Online Shop TOP
ソフトバンク版「Xperia 1 Ⅱ」を予約・購入する
▶︎ソフトバンクオンラインショップ

(Source : ソニーモバイル )

(te7373)

2020年3月23日
Return Top