新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム
“get”

【実機レビュー】「Xperia XZ2」の新しいデザインとスペックをチェック!「iPhone X」との比較あり!

今回は、一足早く発売された「Xperia XZ2(ドコモ版)」の実機レビューを「iPhone X」と比較しながらご紹介いたします。「Xperia XZ2 Compact」は6月下旬 、「Xperia XZ2 Premium」は夏に発売予定です。

SONY「Xperia XZ2」の特徴は?

「Xperia XZ2」には、これまでのXperiaシリーズのイメージを刷新するデザインの変化があります。

さらに、ディスプレイサイズの大型化、CPUの向上、HDRアップコンバートを搭載するなど、様々な新しい特徴が現れました。

新しくなった「Xperia XZ2」のデザインをチェック!

「Xperia XZ2」の最大の特徴はデザインの進化。

これまでのXperiaシリーズでは、平らでペタッとした印象のデザインでした。

しかし、「Xperia XZ2」はバックパネルに湾曲したガラスボディを採用しワイヤレス充電にも対応。程よい丸みを帯びたバックパネルは、ガラス素材により光沢のあるものとなっており、高級感を与える印象となっています。

指紋認証は背面のほぼ中央に移動してますが、この位置は慣れるのに時間がかかりそうです。イヤホンジャックはiPhone Xのようになくなりました。

「Xperia XZ2」のフロントパネルには前モデル「Xperia XZ1」の5.2インチよりもさらに大型化した5.7インチのディスプレイを搭載。ベゼルの部分もスッキリとしていてハイエンドモデルのスマートフォンということを感じさせてくれています。

「iPhone X」と比較しても、ハイエンドモデル同士遜色ない高級感があることがわかります。

「Xperia XZ2」のカラーはリキッドブラック、リキッドシルバー、ディープグリーン、アッシュピンクの4色。

4カラーを動画でチェック

「iPhoneX」はシルバーとスペースグレイの2色。

「Xperia XZ2」シリーズの大きさチェック※「Xperia XZ2 Compact」と「Xperia XZ2 Premium」はモックアップ

「iPhone X」と比較したサイズは以下の通り。

「Xperia XZ2は、「iPhoneX」よりも一回り大きく、重くなっています。

厚みが11.1mmと少し厚く感じるかもしれませんが、先述したように、端末の背面が湾曲しているため、その最大の部分を表記しています。

ポイント

 ・「Xperia XZ2」は丸みのあるデザインに一新!
 ・「Xperia XZ2」は「iPhone X」より一回り大きなサイズ!

「Xperia XZ2」進化したディスプレイ


「Xperia XZ2」はただディスプレイが大きくなっただけではなく、「HDRアップコンバート」という機能が搭載されています。

「HDRアップコンバート」とは、YouTubeなどの標準規格(SDR)の映像を自動で変換する機能のことで、まるで目の前にあるかのような色彩感とコントラストのある映像体験が可能となっています。

さらに、SONYの液晶テレビブラビアに用いられている技術をスマホ向けに最適化した「X-Reality for mobile」も搭載。低解像度の映像でもより鮮明にディスプレイに映し出すことが可能となりました。

加えて、動画において、明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗く表現する「ダイナミックコントラストエンハンサー機能」を搭載。明暗の区別が強くなったことでより臨場感のある美しい映像が再生可能です。

「HDRアップコンバート」、「X-Reality for mobile」、ダイナミックコントラストエンハンサー機能」という3つの機能を搭載した「Xperia XZ2」は、動画などの再生において「iPhone X」の有機ELディスプレイ(Super Retina Display)にも負けていないかもしれません。

ポイント

 ・「Xperia XZ2」のディスプレイは動画再生に最適化されている!

「Xperia XZ2」進化したカメラ機能

新しいモデルのスマートフォンが発表された時、最も気になる点の一つはカメラ機能です。

他の新モデルスマートフォン同様、「Xperia XZ2」も大幅にカメラ機能が進化しています。

4K HDR動画撮影、フルHD画質に対応

「Xperia XZ2」のカメラ機能の進化点として、まず注目したいのが、世界初 4KのHDR動画撮影に対応しているという点です。

4K HDR動画撮影は簡単に言うと、「スマートフォンで高額のカメラ並みの動画を撮影できるようになった」ということですが、具体的にはこれまでどうしても解消できなかった、逆光時の撮影の際の白飛び、黒つぶれ等が解消され、より美しい動画撮影が可能となりました。

下の動画は、実際に4K HDRで撮影して、「Xperia XZ2」で再生しているところです。奥行き感がかなり感じられる美しい動画が撮れます。

SDRとHDRの比較(ソニー公式)

インカメラも大幅強化!3Dスキャンにも対応!

前モデル「Xperia XZ1」でも評判が高かった「3D クリエーター」機能も引き続き搭載しています。

「3Dクリエーター」とは、人物やフィギュアなど、撮影対象物を3Dでスキャンし、360°の3D写真を撮ることができる機能です。

「Xperia XZ1」では背面のメインカメラのみスキャンが可能となっていましたが、「Xperia XZ2」ではディスプレイ上部のインカメラでのスキャンも可能に!

これにより、インカメラでディスプレイに写った映像を確認しながら「3Dクリエーター」機能を楽しむことができるようになりました。

また、インカメラでのフラッシュ撮影ができる「ディスプレイフラッシュ」機能も前モデルから引き続き搭載。暗いところでのセルフィー撮影などに活用できます。

960fpsのフルHDスーパースロー撮影が可能!

「Xperia XZ2」では1秒間に960fps(1秒間を960コマ)フルHDの高画質でスーパースローの撮影が可能になりました。

早速「Xperia XZ2」でスロー撮影してみました。

ちなみにiPhone X のスロー撮影は240fps(1秒間に240コマ)です。

「Xperia XZ2」のカメラには3つのセンサーを搭載!

さらに、「Xperia XZ2」はメインカメラに「RGBC-IRセンサー」「レーザーAFセンサー」「CMOSイメージセンサー」3つのセンサーを搭載しています。

「RGBC-IRセンサー」は、まるで自分の目で見ているような色彩を再現、夕焼けやオレンジ灯の下などの情緒あるシーンを美しく撮影することができます。Xperia XZ2 プレミアムおまかせモードで撮影

「レーザーAFセンサー」は、薄暗いシーンでの撮影に特化したセンサーで、夜景やろうそくの光など、光量が少ない場所での撮影を補助します。

「CMOSイメージセンサー」で、1920万画素の高細度を実現、さらに暗所での高感度撮影を補助するといった機能も兼ね備えています。

ちなみに、「iPhone X」の画素数は約1200万画素。画素数だけですと、「Xperia XZ2」のほうが大幅に勝っていることがわかります。

「Xperia XZ2」は、これら3つのセンサーにより、写真撮影においてもハイクオリティーな撮影が可能となっています。

下は、左がXperia XZ2(プレミアムおまかせモード)ので撮影、右はiPhone Xのノーマルで撮影したもの

「Xperia XZ1」で好評だった機能も引き続き搭載!

「Xperia XZ2」では、前モデル「Xperia XZ1」で評価の高かった機能も引き続き搭載されています。

・シャッタースピードの調整が可能

シャッタースピードを1/250秒と1/4000秒で調整することができ、シャッタースピードを遅くすることにより対象物の動きや光の残像などを写真に残すことができ、幻想的、動作的な写真を撮影することも可能。

・3Dクリエーター

人物やフィギュアなど、撮影対象物を3Dでスキャンし、360°の3D写真を撮影できる機能も引き続き搭載。「Xperia XZ2」では、先述したようにインカメラでの3D撮影にも対応。

・オートフォーカス機能

被写体が動き、カメラと被写体のレンジ(距離)が変化しても、その動きを完治して自動でフォーカスを合わせる「オートフォーカス機能」も搭載。

ポイント

・「Xperia XZ2」は世界初フルHD4K HDR動画撮影に対応!
・3つのセンサー搭載でより美しい写真撮影が可能に!
・「3Dクリエーター」など前モデルで好評の機能を引き続き搭載!

「Xperia XZ2」「iPhone X」スペックを比較!

「Xperia XZ2」は、前モデル「Xperia XZ1」よりも大幅に処理能力が向上しています。

「Xperia XZ2」「iPhone X」のRAM、チップ、処理能力を比較

「Xperia XZ2」「iPhone X」のRAM、チップ、処理能力は以下の通り。

「Xperia XZ2」はAndroid御用達のモンスタースペックでおなじみ「Snap Dragon845」を搭載、8コアCPU、メモリは「iPhone X」の3GBよりも1GB多い、4GBの大容量となっています。

対して「iPhone X」はA11 Bionic/M11チップ搭載、6コアCPU、メモリは3GB。

処理能力の目安を計測できるアプリ、「Antutu Benchmark」にて、ベンチマークスコアを計測したところ、「Xperia XZ2」が264,943点、「iPhone X」が219,135点という結果となりました。

やはり2018年夏モデルということもあり、さすがに昨年の秋発売である「iPhone X」の処理能力をはるかに凌駕しています。

ちなみに、前モデルの「Xperia XZ1」のスコアは約180,000点となっており、モデル刷新にあたり処理能力の向上は明らかですね。

「Xperia XZ2」「iPhone X」バッテリー容量と持続時間を比較

つづいて、バッテリー容量と電池持続時間、充電速度について比較してみましょう。

「Xperia XZ2」が3,060mAh、「iPhone X」が2,716mAhとなっています。

シンクタンク・調査会社のStrategy Analyticsによって行われたブラウジング、ゲーム、通話、連続待受などを含めた実使用に近いバッテリー持続時間のテストによれば、「Xperia XZ2」が36時間01分、「iPhone X」が32時間20分という結果に。

また、同社のテストでは、「Galaxy S9+」など、2018年夏モデルを含めた他主要フラッグシップモデルスマートフォンの中でも「Xperia XZ2」のバッテリー持続時間が最も長いということが明らかになっています。

さらに「Xperia XZ2」は「いたわり充電機能」という独自の機能を搭載しています。

「いたわり充電機能」とは、人それぞれのスマートフォンを充電する時間帯を学習することで、スマートフォンが自動で充電速度を調節し、バッテリーの性能を保つことができる機能です。

昨年末、Appleはバッテリーの消耗によって、処理能力を意図的に遅くしているのではないかという指摘を受け、話題になっていましたが、この「いたわり充電機能」はまさにその対局にある機能とも言え、スマートフォンにとって大切なバッテリーの寿命を他スマートフォンより長く保つこと可能にしています。

また、「Xperia XZ2」は、もはやスマートフォンでは常識になりつつあるワイヤレス充電機能をついに搭載。ワイヤレス充電台に端末を置くだけで充電可能となりました。

「Xperia XZ2」「iPhone X」スペック比較まとめ

ここまで「Xperia XZ2」「iPhone X」について紹介してきたスペックをまとめると以下のようになります。

認証方式については、「iPhone X」は顔認証システムである「Face ID」のみ、「Xperia XZ2」はバックパネル中央に設置された指紋認証センサー機能のみとなります。こちらも、人によって使い勝手や好みの問題で優劣は変わってきそうですね。

処理能力については、「iPhone X」より「Xperia XZ2」の方が優秀なようです。バッテリーに維持といった点についても「Xperia XZ2」に軍配が上がるのではないでしょうか。

カメラ性能はというと、ハイエンドモデル2つともなると、どちらも優れた性能を誇っているため、デザインや認証方式と同じようにほとんど好みの問題となってくるかもしれません。

ただ、Xperiaシリーズにしかない「3Dクリエーター機能」や960fpsでのフルHDスローモーション撮影機能など、様々な機能には注目です。

ポイント

・全体的なスペックは「iPhone X」よりも「Xperia XZ2」の方が高い!
 ・「Xperia XZ2」に搭載された新機能に注目!
 ・バッテリー性能の維持は「Xperia XZ2」が優秀!

「Xperia XZ2」「iPhone X」のキャリアごとの価格を比較

最後に、最も重要なポイントの一つとなる「Xperia XZ2」「iPhone X」の価格について、キャリアごとに比較してみましょう。

まず、「Xperia XZ2」「iPhone X」のSimフリー版での価格が以下のようになります。

「Xperia XZ2」が約8万円〜10万円前後。価格の幅は販売店によって違います。「iPhone X」は64GBで121,824円、256GBで140,184円となっており、「Xperia XZ2」のほうが「iPhone X」よりも安くなっています。

それでは、この価格を基準に各キャリアごとの「Xperia XZ2」と「iPhone X」の価格を比較してみましょう。

ドコモ「Xperia XZ2」「iPhone X」の価格比較

ドコモオンラインショップでの「Xperia XZ2」「iPhone X」の価格が以下のようになります。

※価格は税込み

新規・機種変更の場合、「Xperia XZ2」が47,952円から、「iPhone X」64GBが68,040円から、128GBが86,184円からとなっています。

また、乗換(MNP)の場合では割引額がアップし、「Xperia XZ2」が31,104円からとなります。

▶︎ドコモオンラインショップで購入する

au「Xperia XZ2」「iPhone X」の価格比較

auオンラインショップでの「Xperia XZ2」「iPhone X」の価格が以下のようになります。


※価格は税込み

新規・機種変更の場合、「Xperia」が47,520円から、「iPhone X」64GBが68,040円から、128GBが86,184円からとなっています。

また、乗換(MNP)の場合では「iPhoneX」のみ割引額がアップし、64GBが54,600円から、256GBが72,840円からとなります。

▶︎au Online Shop で購入する

Softbank「Xperia XZ2」「iPhone X」の価格比較

Softbankオンラインショップでの「Xperia XZ2」「iPhone X」の価格が以下のようになります。


※価格は税込み
※24回払いの場合

新規・機種変更の場合、「Xperia XZ2」が47,520円から、「iPhone X」64GBが63,600円からとなっています。

また、乗換(MNP)の場合では「Xperia XZ2」が16,320円、「iPhoneX」64GBが54,000円から、256GBが72,840円からとなります。

▶︎ソフトバンクオンラインショップで購入する

「Xperia XZ2」価格まとめ

各キャリアの「Xperia XZ2」の価格をまとめると以下のようになります。

機種変更での実質端末価格がもっとも安いのはauの47,520円となりました。

乗換・新規においてはSoftbankが他2社の約半額という破格となっています。

ただ、家族構成や割引、プランの選択などによって月々にかかってくる維持費は変わってきますので、あくまで参考程度に考えていただければ幸いです。

(yorimorishima)

Return Top