新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

Y!mobile「HUAWEI P20 lite」価格と月々の支払いイメージ


お得な料金と「ソフトバンクのセカンドブランド」という安心感で人気の「Y!mobile」ですが、選べるスマホが少ないという欠点もありました。

そんな中、「Y!mobile」は世界中で大ヒットしている「HUAWEI P20 lite」を今年の夏から投入し、大人気商品となっているようです。

まずは、「HUAWEI P20 lite」のプロモーション動画をご覧ください。

▼Huawei P20 lite

HUAWEIとは?

HUAWEIは、ここ数年の間に世界中で大きく販売台数を伸ばしている中国のメーカーです。

ほんの数年前までは「廉価モデル」のイメージが強かったのですが、ここ1〜2年ほどで驚くような技術進歩を遂げました。

参考までに、ハイエンドモデル「Mate20 Pro」利用者の声を拾ってみると、こんな感じです、

HUAWEIは、実際に日本でも販売台数を大きく伸ばしており、BCN+Rの調査によれば2018年7月期の販売台数シェアはAppleに次ぐ2番目。これまでダントツだったAppleのシェアを徐々に奪いつつあるほどです。
(画像出典 : BCN-R )

「HUAWEI P20 lite」のデザイン

続いて「HUAWEI P20 lite」のデザインやスペックを見ていきましょう。

「HUAWEI P20 lite」の全体像です。小型化されたノッチやデュアルカメラが目立ちます。

背面の様子。指紋認証装置が配置されていますが、顔認証も利用できます。

小型化されたディスプレイのノッチ部分には、近接・環境光センサー、レシーバー(受話器)、サブカメラが収められています。

「HUAWEI P20 lite」のスペック

次に「HUAWEI P20 lite」のスペックを「iPhone XS」との比較という観点からみてみましょう。

まず、ディスプレイは「iPhone XS」が有機ELディスプレイ、「HUAWEI P20 lite」が通常のLCDという違いがあります。ただし、解像度に大きな差はなく、「HUAWEI P20 lite」のディスプレイも相当優秀といえます。

次にプロセッサですが、「iPhone XS」のA12 Bionicは、現在のところ全スマホ中でも間違いなく最高のプロセッサです。そこで、「HUAWEI P20 lite」搭載の「Kirin659」をAndroidスマホで主流のSnapdragonシリーズと比較していることにします。

海外サイトに掲載された「Kirin659」のAnTuTuベンチマークテスト結果です。スコア62,000〜68,000は、1年ほど前のミッドレンジ向けSnapdragon625に近い印象です。最新ゲームでバリバリ遊ぶという用途には不向きかもしれませんが、ブラウジングやSNS中心の用途では問題ないものと思われます。

(画像出典 : NOTEBOOK CHECK )

次にメインカメラですが、1,600万画素+200万画素という珍しい構成になっています。この200万画素のカメラは写真背景にボケを出すポートレートモード用です。この価格帯で「iPhone XS」と同等の機能を搭載するというのは、さすがHUAWEIという感じがします。

一方、「HUAWEI P20 lite」で気になる点といえば防水機能がないことです。「Y!mobile」取扱いモデルで「防水機能あり」ということであれば「Android One X3」(京セラ製)や「Android One X1」(シャープ製)といったモデルもあるので、比較検討されることをおすすめします。

Y!mobile取扱いモデルを比較する
▶︎Y!mobileオンラインストアはこちら

このように、最新の「iPhone XS」に比べてやや性能面で劣る「HUAWEI P20 lite」ですが、価格をみると「HUAWEI P20 lite」が31,104円、SIMフリー版の「iPhone XS」64GBが121,824円。約1/4の価格で購入できることを考えると「HUAWEI P20 lite」は驚異的なコストパフォーマンスといえそうです。

「Y!mobile」の料金プランと「HUAWEI P20 lite」毎月の支払いイメージ

まず、「Y!mobile」の料金プランを見てみましょう。

「Y!mobile」は、どのプランでも1回10分以内の国内通話が無料となっており、データ容量に応じて「プランS」「プランM」「プランL」が用意されています。

プラン選択時に「データ増量オプション」を追加するとデータ通信量が増量され、「スマホプランL」の場合だと21GBの大容量が確保できます。

「データ増量オプション」は通常540円かかりますが、契約から24ヶ月間は無料となっていますので、ぜひ付けることをおすすめします。

続いて毎月の支払いイメージです。

「スマホプランS」だと新規・MNP転入の場合、1年目の月額料金はわずか2,678円です。「3GBのデータ容量」(増額オプション利用時)「10分の国内通話無料」ということを考えると、端末代込みで3,000円以下というのは非常にリーズナブルではないでしょうか?

最大13ヶ月間 月額1,000円割引!「ワイモバ学割」実施中

「Y!mobile」は「スマホプランM/L」の月額料金が最大13ヶ月間1,000円割引になる「ワイモバ学割」を実施中です。

「ワイモバ学割」の適用を受けた場合の毎月の支払いイメージは以下の通り。
(※データ増量オプション利用時)

「ワイモバ学割」は本人だけでなく、キャンペーン中に家族が新規契約(MNP含む)を行い「家族割引」サービスに加入すると同様に最大13ヶ月間1,000円の割引が受けられます。

「ワイモバ学割」の申し込み期間は2018年12月5日〜2019年5月31日(金)まで。詳しくは以下のページを参照してください。

最大13ヶ月間 月額1,000円割引!「ワイモバ学割」実施中
▶︎Y!mobileオンラインストアはこちら

(Source : NOTEBOOK CHECK , TouTube , Y!mobile )

Return Top