予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

ワイモバイルでスマホを購入するメリット 取り扱いの格安iPhoneやスマホ 料金プランの紹介!


最近、3大キャリア以外の「格安スマホ」が話題を呼んでいますが、中でも3年連続でスマホ満足度No.1を獲得したワイモバイルが人気を集めているようです。

この記事では「ワイモバイルでスマホを購入するメリット」や料金プラン、キャンペーン情報などを紹介します。

ワイモバイルでスマホを購入するメリット

ワイモバイルでスマホを購入するメリットは大きくわけて次の5つです。

①3年連続スマホ満足度No.1

ワイモバイルは、格安料金で3大キャリア並みの通信速度を提供しているため、ユーザー満足度は非常に高くなっています。

これは、ワイモバイルがソフトバンクのサブブランドとして回線をフル利用できるためです。

「格安SIM」「格安スマホ」の多くは通信速度の遅さがネックとなっていますから、ワイモバイルの通信速度は大きなメリットといえるでしょう。

②通話もネットもコミコミで月々1,480円から

ワイモバイルは通話とネットをセットにしたシンプルな料金プランが特長です。

例えば「スマホプランS」で「ワンキュッパ割」(1年間)と「おうち割 光セット(A)」が適用された場合の料金はわずか1,480円。低価格の端末も豊富ですから、毎月のスマホ代を大きく節約できます。

③国内通話が10分無料

ワイモバイルの「スマホプラン」は国内通話が10分無料です。

大手キャリアの通話準定額プランは「国内通話5分無料」としているため、ワイモバイルは余裕を持って通話が可能です。

なお、さらに長時間の通話を楽しみたい方は月額料金に1,000円追加して「かけ放題」を選択することもできます。

④Tポイントがお得に貯まる

ワイモバイルのユーザーは、ヤフーで買い物をするとTポイントが最大12倍もお得に貯まります。

・ワイモバイルのスマホ契約者はいつでもポイント5倍
エンジョイパックの加入でさらにポイント+5倍
・ヤフージャパンカード加入でさらに+2倍

⑤取扱店舗が全国で4,000店

他の「格安スマホ」は店舗が少なく通販がメインです。これに対して、ワイモバイルは全国に取扱店を4,000店舗も構えています。

スマホの設定や操作、修理などに不安を感じる方でもワイモバイルなら安心して利用できます。

ワイモバイルの取扱商品

ワイモバイルは取扱端末が豊富なことも魅力の一つです。例えば、iPhoneだと「iPhone 7」「iPhone 6s」「iPhone SE」と3つのモデルを取り扱っています。

こちらはAndroidスマホの人気機種、「HUAWEI P20 lite」です。5.8インチディスプレイにダブルレンズカメラ、3,000mAhの大容量バッテリーを備えていますが、機種代金は一括でわずか100円からと激安価格になっています。
(画像出典 : ワイモバイル )

最新モデルLG製の「Android One X5」です。6.1インチディスプレイに1,600万画素のカメラ、3,000mAhの大容量バッテリーに防水・防塵機能やおサイフケータイ
など充実したスペックながら、機種代金は一括で29,800円からとなっています。
(画像出典 : ワイモバイル )

ワイモバイルはスマホ初心者向けの京セラ製「かんたんスマホ 705KC」も取り扱っています。

大きなボタンや使い方サポートなど、初心者向けの機能が充実しているほか、ワンセグや防水・防塵など機能も充実しており、端末価格は月々864円(24回払い)となっています。
(画像出典 : ワイモバイル )

こちらは、他社からの乗り換えやSIMフリーモデルを購入した方向けの音声通話付きSIMです。「スマホプランS」の場合、通話料込み(10分の国内通話かけ放題)で毎月1,706円から利用できます。

(画像出典 : ワイモバイル )

なお、ワイモバイルでは新規・他社からの乗り換えで音声通話付きSIMを契約した方に、24ヶ月間月額料金を以下の通り割引きしています。(ソフトバンクからの乗り換えは対象外)

【割引額】
・「スマホプランS」・・・毎月400円
・「スマホプランM/L」・・・毎月600円

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルのスマホプランは10分以内の国内通話が無料となっており、利用データ量に応じてプランS〜Lまで3段階の料金設定となっています。

また、各プランともデータ増量オプションをつけることで、それぞれ利用可能なデータ量が増量されます。データ増量プランは月額540円ですが、当初24ヶ月間は無料なので付けておいた方が良いでしょう。

なお、新規/MNPであれば「ワンキュッパ割」が適用され、1,080円の割引が12ヶ月間受けられます。

家族も割引対象「ワイモバ学割」

(画像出典 : ワイモバイル )

「ワイモバイル」は「スマホプランM/L」の月額料金が最大13ヶ月間1,000円割引になる「ワイモバ学割」を実施中です。(※スマホプランSは対象外)

「ワイモバ学割」は本人だけでなく、キャンペーン中に家族が新規契約(MNP含む)を行い「家族割引」サービスに加入すると最大13ヶ月間1,000円の割引が受けられます。

「ワイモバ学割」の申し込み期間は2019年5月31日(金)まで。詳しくは以下のページを参照してください。

ワイモバイルのキャンペーン情報

現在、ワイモバイルはさまざまなキャンペーンを実施中です。ここでは主なキャンペーン情報を紹介します。

ワンキュッパ割

(画像出典 : ワイモバイル )

加入翌月から12ヶ月間、基本使用量が1,000円割引になるキャンペーンです。

新規・MNPのほか、旧プランやPHSプランから「スマホプランS〜L」へ契約変更した場合に適用されます。

家族割引サービス

(画像出典 : ワイモバイル )

家族で指定プラン(スマホプラン、データプランL、Pocket WiFiプランなど)を契約すると、2回線目以降の料金が月額500円割引になるサービスです。

他社の家族割と異なり「遠くの親戚」や「同居中の恋人」など、血縁関係がない人も対象となるのが特長です。

60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン

(画像出典 : ワイモバイル )

60歳以上の方が「かんたんスマホ」を契約すると「スーパー誰とでも定額」の利用料が無料となるキャンペーンです。

これにより、60歳以上の方は国内通話がずっと無料になります。

ワイモバイルはどんなユーザーにおすすめか?

ここまで紹介した通り魅力満載のワイモバイルですが、特に次のような方におすすめです。

①「できるだけ安い料金でiPhoneを使いたい」

➡︎ワイモバイルなら「iPhone SE」「iPhone 6s」が月額コミコミで2,138円、「iPhone 7」が4,082円から利用できます。

②「大容量プランを使いたいけど、他社の料金は高すぎる」

➡︎例えばドコモの場合、データ量20GBの「ウルトラデータLパック」」を「カケホーダイライトプラン(2年の定期契約あり)」で利用すると月額料金は8,640円です。これに対してワイモバイルはデータ量21GBの「スマホプランL」が月額5,378円(1年目の料金)と3,000円以上もお得です。

③「格安SIMへ変更したいけど、通信速度の低下が心配」

➡︎通常、格安SIM業者は大手キャリアの回線を借り、限られた通信量の中でサービスを提供しているため、混雑時を中心に速度低下が発生します。これに対してワイモバイルはソフトバンク回線をフル利用できるため、速度低下は起こりにくくなっています。

④「遠くに住んでいる孫や親戚と思う存分通話を楽しみたい」(60歳以上の方)

➡︎キャンペーン情報で紹介した通り、60歳以上で「かんたんスマホ」を契約すると、追加料金なしで国内通話がかけ放題となります。

まとめ

ワイモバイルは格安SIM並みの料金で大手キャリア同等のサービスが受けられるお得な携帯キャリアです。

ただし、残念ながら「最新のiPhoneを使いたい」「最高スペックのAndroidスマホが欲しい」という方には向きません。

スマホのスペックや最新機種にこだわらず「少しでもお得にスマホを使いたい」という方は、ぜひ乗り換えを検討されてはいかがでしょうか?

(te7373)

Return Top